ホテル予約システム・宿泊予約システムのASP 初期費用・月額基本料無料の成果報酬型ホテル予約システム

宿泊施設用完全成功報酬型予約システムレンタルサービス

4898.jp(よやくやじぇーぴー)

お申し込み・お問い合わせ

HOMEネット予約の必要性

大手予約サイトでは口コミ情報が決定要因として大きく左右していると言います。また、各施設自体のホームページで詳細を知ろうとしています。
一度宿泊して気に入れば、ダイレクトにその施設のホームページ(自社サイト)から予約するようになります。

予約サイト等での予約が入る時間帯は深夜帯が多くなっています。インターネットの予約、購入は全般的に深夜の利用が多くなっているようです。これはじっくり比較して予約したい、購入したいという消費者行動のあらわれです。

せっかくホームページにお客様が来て情報収集し、気にいったとしても、そこで予約できない、つまりそこで消費行動が完結しないと、お客様は離れていく傾向があります。
深夜帯では電話やメールで反応を期待するわけにもいきません。ましてやメールや電話での予約問い合わせはホームページで情報収集しているお客様には期待できません。

ホテル予約システムを導入するには、開発を依頼するため、コストが高いものでした。したがって大規模な施設でない限り導入は難しく、多くが、電話問い合わせかメールフォームによる「問い合わせ方式」となっています。

電話問い合わせはネットで情報収集する人には苦手感もあり、また深夜帯でのネット利用が多い傾向から敬遠されやすい状況です。
メールフォームは、その場で予約が確定しないため、結局はそこで確定できる大手予約サイトを利用する方が多くなっています。

せっかく自社の公式サイトに誘客できたにも関わらず、また、一度宿泊した方が再度予約をしようという時に、多くのお客様は「問い合わせ方式」の煩わしさを避け、大手宿泊予約サイトに戻り、「宿泊予約システム」から予約を行っています。